ブログ

wordPress「リンク切れ地獄」はてなから引越してリンク切れが556個も発生!!

リンク切れ地獄


先月やっと重い腰を上げ、

「はてなブログからワードプレスへ引越し」を果たしました。

引越し自体は、
羽田空港サーバーさんに委託してあっという間にできてしまったのですが

はてなブログからワードプレスへの移行は無料でおまかせ楽ちんに。 先日、はてなブログからワードプレスへ引っ越しをしました。ワードプレス移転はハードルが高く、かなりぐずぐずと迷っていました。 そん...

大変だったのはその後。

リンク切れ地獄が待っていました。

556個もリンク切れが!!リンク切れ地獄状態になった後の直す方法は?


はてなブログからワードプレスへ移行後に
URLパーマリンクが書き替わってリンク切れ(404エラー)が発生するそうです。

また、ずっと記事を見直すことをしていなかったので
商品リンクも切れたりしていました。

わたしの場合、記事数が750記事あったので
リンクエラーの数と言ったら尋常ではない数でした。

なんと556個ありました。

ひぃいいいい~

ことりんご

「どうしよう無視しようか」

と 一瞬思いましたよ。

一旦パソコン閉めたくなりましたパタンて。

BUT、、せっかくワードプレスで心機一転したのに
リンク切ればかりのブログなんて誰も読んでくれませんよね。

泣く泣く地道に直すことにしました。

リンク切れのチェックにはプラグイン「Broken Link Checkerを使いました


Broken Link Checker
というプラグインで
リンクエラーや存在しない画像があるかブログをチェックし、
見つかった場合はダッシュボードで通知します。

もっと慣れたやり方があるのかもしれませんが
わたしは地道に

  1. 記事を表示
  2. 目視でリンク切れをチェック
  3. 記事を修正
  4. 修正した記事を確認
  5. ついでにツィッターにUP

というやり方をして20日間かけて556記事を直しました。

厳密には556記事全ては直していません。
直したつもりでも結局404エラーのままのものも幾つもあります。

最後まで理由がわからず、1つに時間はかけられず、
手作業で「リンクエラーではない」に移動させました。

503警告にビビる


503の警告
となってるものは
慌てずに再確認を押して200OKとなれば心配しなくても大丈夫。

1000以上あり、
気が遠くなりました・・・


検索したらこれはサーバー側に問題とあったので安心しました。


はてなブログからワードプレスへ引っ越す予定がある人は早めにした方が良い理由


ワードプレスへ引っ越す予定の方は 
記事が少なめの方がリライトやリンク切れを簡単に直せるので 
いいですよとお伝えしておきます。

とはいえワードプレスはコミュニテイが無いので
ブログ初心者はまず「書きグセ」がつくまでは
「はてな」の方が続けることができるのでおすすめではあります!

慣れた頃に移転するのがもっとも賢い方法かと思いました。

はてなブログからワードプレスへ引っ越しして1週間後の素直な感想ちょうど約1週間前にはてなブログからワードプレスへ移転をしました。 詳しい移転の仕方などは今後書きますが 今日は移転をして1週間後の素直...

サーバーもこの機会に

コノハウィング

へ変更しました。

国内最速です。
キャンペーンもよくやっています。


まとめ:ワードプレスから移行してリンク切れ=プラグインを使って手作業で地道に直そう。

リンク切れは少ないうちに直すほうがラク。

でも多いほうがモチベが上がるって人は
たくさんのブログ記事を携えて 
書き癖がついた頃にはてなから移るのもいいよ。

BUTリンク切れにはご注意です。

こまめにリライトするときにリンク切れもチェックしておけば
そこまでにならないのでしょう。

ちなみに・・・2022.6月現在でリンク切れ462ありますた・・・・

記事が増えた分もあるね・・

がんばれ!

読みにくくてごめんなさい。

毎日じみちにやっております。

プラグインを使って手作業で地道に直しましょう。。。

では!

参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


50歳代ランキング

このブログの新着記事をお届けします。
登録お願い致します❤

50歳から、ゆるはぴ~ミニマリストライフ~ - にほんブログ村

*こちらは過去UPのものに加筆修正した記事となっています*

ABOUT ME
ことりんご
少しのお金で豊かに暮らしませんか。 HSP気質で毒親育ちでも、ミニマリストな生活に出会って 幸せ感が満載になりました。 じぶんらしくハッピーに生きるための情報や50代のミニマリストな生活などを発信しています。