つきあい

みんな違ってみんないい、は詭弁。女ともだちは永遠のライバルなのだ。


前回の続きです。
結構毒吐いてます。

前編はこちら↓
わたしがじぶんより下だと思ってたから優しかったの?

わたしを下に見ていたの?だから優しかったの?


本題はここからです。
ひととおりの経緯を説明して前置きが長くなってしまいました。

わたしたち4人のしごとは以下です。


独身時代から続けてるKは女性管理職になりました。
転職を経てMは40代で団体職員に。
転職を経てOは30代からお堅い職場でパート。


そんな3人から見たら いつも職が定まらないわたしは
またか・・・苦笑 
という感じだったのだと思います。

わたし自身も仕事のことを聞かれるのがイヤでした。

正社員を辞めた後、10年以上自営業を手伝っていたのですが
嫌々やっていたので いつも副業をしていました。
ダブルワークでパートをしていたのは話していたのですが。。

ライターとは言いにくかった


途中でブロガーになって ライターになったことは言わなかった。

ことりんご

聞かれてないのに言うつもりもないし 趣味だし。。 でも・・・




NOTEにその心情を綴っています。

きっかけは たまたま受けた雑誌の取材

先日、たまたま某有名雑誌の取材を受ける機会がありました。

理由はまったく別のことろにあるのですが
事前アンケートで仕事をライターと書きました。

わたしのなかでは
そろそろ言っていこうかなという気持ちもあったし。

NOTEでも書いたけど

専業主婦というだけではない、ちゃんとわたしはわたしの活動もしてるのよ
とは正直、何かしら伝えたいと常々思っていた。

毎回、聞かれるたびに


ことりんご

専業主婦を楽しくやってる人とは違うんだけどな・・

そんなモヤモヤ感があって・・・
それは才能!すぐに飽きてしまう人は【マルチポテンシャライト】かも。

だから、ゲラが上がってきた時に
仕事=ライター と出てるのを見て
ここでやっと伝える事ができるかなって思ったのです。


これまで
わたしがどこで何をしている人なのか
これから伝えていこうと思ってたきっかけ
になるかも!と思いました。

取材の中身とはまったく関係ないことなのですが・・・笑

だから
友人から電話があった時に

◯◯の▼月号にわたしのことが載るから 探してみて

と伝えました。



へえ!楽しみ~❤ と言ってくれると思ってた。



その返しで悟ってしまった。
ニュアンスというか・・・



「え?◯◯ちゃんって今何してるんだっけ?専業主婦だよね?」



と。。。

あきらかに動揺してるのが伝わってきました・・・

わたし、今その話していないんですけど。
仕事とか専業主婦とか関係なくない??



これまで 彼女らが管理職になったり、転職がうまくいったことを
わたしは
「すごいね」と褒めてきたつもり。

心の中は少し痛んだけど、それとこれとは別。
彼女らがしあわせなのは喜ばしいことだった。

その態度がショックだった


雑誌にのる

特別な話かもしれないけど 別に関係ないネタで載る。
ただのエピソードだった。

軽く喜んでほしかった。

でも・・・反応で気付いてしまった。

ただただ、わたしを


仕事が続かない、怠け者の専業主婦しかできない女だと思ってたの?



その位置に甘んじてると思ってたの?
それで満足してると思っていたの?
ねえ?


ただただ毎回
彼女らだけを褒める役割?




そんなわけないだろ。


なんだか仲良しというキーワードが急激に冷めてしまった。

わたしの思いすごし?

みんな違ってみんないい、は詭弁。女友達は永遠のライバル


そういえば 一時期、仲良くなりすぎた友人がいて
その彼女に嫉妬したことがあった。

  • 旦那さんの職が安定してて給料が大きい
  • 友達はずっと専業主婦をしている
  • 彼女の家が元々財産持ちで親が全ての経費を出してくれている


そのことでモヤモヤしたことがあった。
でも、、
その時に気付いたんです。

全てを変わって欲しい? 


その後は誰も羨ましいと思わなくなって
彼女には足りないわたしにもあるものが たくさんある、って気付いたの。

悩みのない人なんていないし。
彼女にも大きな悩みがあったのに いい面ばかりをフォーカスしていたわたし。

友だちとの関係は程よく。50代の私が気をつける距離感と時間のこと先日、友だちとランチをした時に反省したことを書いておきます。 やってしまったと思ったことを忘れないように備忘録として 書いておき...

あれ以来、わたしは他人に近づきすぎないように気をつけています。

女ともだちって やはりライバルなんだよね。

少し距離感がある友達だと一緒に喜んであげられる。
事実、県外にいる友人はすごく喜んでくれて絶対に見る~!ゆうてたし。


でも・・・なんだかなぁ・・・

ことりんご

電話をくれたO美だけかもしれないけどさ・・





距離感が近いと
モヤモヤしてしまう・・・・これはしょうがないことなのかもしれない。

謙遜ばかりしないことにしたよ。

ことりんご

自慢するのは苦手なタイプなんだけどね。

ではでは。

大丈夫?その友達、仲間じゃなくて敵かも!『フレネミー女子』を見破ろう仲間や友人のふりをして笑顔で近づいてくる が攻撃を仕掛けてくる相手、 それがフレネミー 私にもいましたフレネミー ...

*♡こちらも応援して頂けたら嬉しいです♡*

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 

*♡更新情報のチェックやコメントはここで♡*

ツィッター

 

ABOUT ME
ことりんご
少しのお金で豊かに暮らしませんか。 HSP気質で毒親育ちでも、ミニマリストな生活に出会って 幸せ感が満載になりました。 じぶんらしくハッピーに生きるための情報や50代のミニマリストな生活などを発信しています。