<景品表示法に基づく表記>本サイトのコンテンツには商品プロモーションが含まれている場合があります。

50代

「50代」友だちとの関係は程よく。わたしが気をつける距離感と時間のこと

先日、友だちとランチをした時に
反省したことを書いておきます。

やってしまったと思ったことを忘れないように
備忘録として書いておきます。

皆さんはもう実行されてるかもしれませんね。

友だちとの関係は程よく。50代の私が気をつける距離感と時間のこと

ランチやお茶の時間

半年ぶりにお友達のKちゃんとランチをしてきました。

話も気が合うのだけど 食べるものも気が合う私たち。
ほとんどオーダーがいつも一緒で 食事の量も似ています。

Kちゃんは褒め上手。
勉強になるし前向きに頑張ろうと思わせてくれるひと。

楽しくてついずっと話していたくなるんです。

日によっては


「このあと、仕事」や
「このあと、孫守り・親守り」などが入っているわたしたち。


なのですが・・・

先日はなんの制限もなく、いつもより長くなりました。

もう対して話すこと無いのに「まだ時間があるから」と言って
しばらくウダウダと一緒に過ごすこと
ってありませんか?

人間って長くなると余計なことを言ったりしますよね。

失言はなかったけど、
少し余分な時間を過ごしてしまい疲れてしまいました。


脳が疲れると気を遣うことさえ面倒になってしまいます。

そして会った後のラインの一言さえ億劫になります。

わたしは大体ギリ4時間までが限界なのかなと感じました。
ベストは3時間半かなぁ。

(特にHSPの人はそういう特徴があるらしいです。)

この感覚を覚えていて 

今後最初から
「何時頃には用事があって・・」と伝えておこうと思いました。

そうでないと疲れて

疲れた >  楽しい

になっちゃうんで。。。

まとめ 「50代」友だちとの関係は程よく。わたしが気をつける距離感と時間のこと

昔からの友人でも よほど「もうしばらく会えない」以外は
3時間半~4時間を死守したいと思いました。

皆さんはそういうの気にされていますか?

HSPの本にもそういえば「あらかじめ時間を決めておく」というのが
書いてありました。

特に義理のつきあいの場合みたいですが
わたしの場合は「仲良し」でも長すぎるとだめみたいです。

ことりんご

じぶんの「ちょうどいい」を見つけよう!

では。

(集団行動がニガテ)HSPのわたしの断り方「たとえ時間が空いていても行かない」集団行動がニガテなわたしの断り方 「たとえ時間が空いていても行かない」 そんな時の断り方を書いてみました。 ゆるはぴ管理人は毒親育ちのHSPです。...
ABOUT ME
ことりんご
少しのお金で豊かに暮らしませんか。 HSP気質で毒親育ちでも、ミニマリストな生活に出会って 幸せ感が満載になりました。 じぶんらしくハッピーに生きるための情報や50代のミニマリストな生活などを発信しています。