おしゃれ

「50代」はいかにも安物を着てはいけない。だけど春服は「しまむら」で良くない? という結論

暖かくなっていて 春服欲しくなりますよね。

わたしはいろいろ買いに回って「しまむら」でいいんでは?という結論に達したので
その話を書きますね。

「50代」はいかにも安物を着てはいけない。だけど春服は「しまむら」で良くない? という結論

「50代」はいかにも安物を着てはいけないけど春服は「しまむら」で良くね? という結論

50代ミニマリストのワードローブ事情

ミニマリストは持ち服を最大限に活用して傷みが早いので
新しいものを購入するサイクルも上がります。

わたしのワードローブを振り返ると手持ち服のほとんどが 3年以内に購入したもので構成されていました。

しっかりと着倒しています。

アウターを省いて全部で22枚。
ワンシーズン上下合わせて6枚程度をヘビロテしてる感じです。

流行のものは着用したいけど、賞味期限が短い

3年以上経過すると古臭く感じられ新しいデザインのものが欲しくなります。

そうなった時に「これ高かったのにな」という気持ちは邪魔になります。
流行のものも程よく取り入れたい・・・と思ったら
プチプラで1シーズンだけ着倒すのもアリかなと。

実際に今季はしまむらで見つけた1280円のスェットを毎日
週4日2枚でヘビロテして使っていました。

パーカタイプは今年も流行していたし
しまむらはなかなか上手に流行を取り入れたデザインでおしゃれです。

50代はいかにも安物を着てはいけない

わたしは「いかにも安物」という洋服は50代以上で着るべきではないと思っています。
安っぽさはその人の品位に出るので。
全部を安くまとめるとか ワードローブ全部がプチプラは違うと思っています。

例えば洋服がプチプラでもバッグや靴はお気に入りを長く持つとか
少し良いものを合わせるとか。
アウターだけはお金をかけるとか。

うまく探せば50代でも「安物感」が出なく着こなせます。
具体的にどうこうというよりも同年代や少し先輩のスタイルを眺めて
「う~ん・・・あれはどうかな」
「おしゃれだなー」
という自分の中のポイントが必ずあるはずなので それを大事にしたいと思います。

そして「迷ったら買わない」がとっても大事だと思います。

ちなみにわたしが明確に理想の50代とは違うと思うのは 以下です。

  1. たくさん服を持ってるけど全部プチプラ
  2. 毛玉だらけの服
  3. バッグが安っぽい
  4. ノーメイク(全くのノーメイク)
  5. ババ臭すぎる(私の中の基準)
  6. 年齢的にイタいアイテム
  7. 髪に艶がない

他にも言葉にできないポイントはいっぱいあります。

まとめ

しまむら

冬物で6着を断捨離したので 新たに春服を購入する気になってショッピングモールを回ったのですが、
フト「これ、しまむらにあるんでは?」と思い直しました。

帰りにしまむらへ行くと案の定、同じようなデザインが超プチプラで購入できました。

なのでもう「しまむら」でいいんでは?
いや「しまむら」がいいんでは?

という結論に達しました。
50代のみんな、しまむらで買うことありますか?なかなかいいですよー!

ちなみに今日買った戦利品は真っ白のパーカーです♪

では。

しまむらパーカ

今日もこころオドル1日をお過ごしくださいね。

 

卒業式のママの服装と揃えておくべき7点【40代~大人ママの華やぎスタイル】を紹介します お子さんが卒業するママはハレの日を華やぎ服で引き立てたいところ。 卒業式のママの装いにおすすめな服装や小物をご紹介いたします。 ...

 

 

ABOUT ME
ことりんご
ことりんご
ミニマリストな生活で自由時間を増やして豊かに暮らしませんか。 & 50代の生活を主に発信しています。