50歳から、ゆるはぴ!

50歳からは自分に甘くゆるくハッピーに♪  ミニマリストに憧れます。

【選択する技術】短時間で賃貸物件を決めてきた!だけど眠れなかった話

スポンサーリンク
 あとで読む

今回は短時間で賃貸物件を決めてきた話です。

 

 

f:id:kotorin6:20180329080512j:plain

 

 ちょっと待った!その選択は正しいの?

 

 急かされて出した答えに不安が消えない

事情があって生まれて初めて賃貸に住むことになったわたしと夫。
ネットで物件を見つけて仕事帰りに不動産屋へ行きました。
すぐに見に行けるということで仕事中の夫も呼び出し、即見学へ。

あまりにも良好物件だったため他をほぼ見ずに速攻仮契約を済ませました。
小2時間程度で人生の大きな選択をしてしまい、コーフン状態で帰宅しました。

 

考えることも多く、なかなか眠れません。 

f:id:kotorin6:20180329080826j:plain

 ザワザワする感覚は1つのサイン

 次の日、帰宅後に旦那が
「あれで良かったんかな?」とポツンと言いだしました。
旦那は出した答えをほとんど翻すことのない性格なのですが今回は珍しい。

わたしは昨夜布団の中でずっと「選択」が合ってたのか自問自答していたから
「・・うん・・わたしもそう思っていた」と話しました。

お互いの気持ちは大体同じでした。

ずっと2人共ザワザワとする不安が続いていたのです。
こういう時は「GO」ではないというサインなのです

たしかこの本に載っていたような・・・(わたしのバイブルです)

 

 「選択するとき」のまとめ

今回、ネットで検索して参考にした雑誌&記事です。 

(工が表紙なので思わずうっとり・・笑)

paraft.jp

じっくり考えるタイプなのに
「衝撃的に決めたせいでザワザワしてるのかも!」と思い込もうとしたけれど
人間の感覚って意外と単純で正直ですね。

結局白紙に戻してゆっくり考えることになりました。
この選択は間違っていなかったと思います。

 

 

 ではでは今日もこころオドル1日をお過ごしくださいね。 

 

こちらの記事はいかがですか?
ぐんぐん人生も変わっています、2017年のできごとメモリー&ごあいさつ 

年賀状をやめることにしました。出さないと決めたわたしのお断りの文例と出す時期など