健康

更年期でも痩せた!何のダイエットをしても痩せなかった50代のわたしが半年で3kg痩せた方法とは。

コロナ禍で数年前に6kg体重が増えて
その後、こんにゃくダイエットで5kg減、
リバウンドして6kg増えてしばらく経過していましたが 

「50代のダイエット」だらしない身体をそろそろ鍛えなおそうと思った話だらしない身体をそろそろ鍛えなおそうと思った話。50代の赤裸々な話を書いております。...

最近気づくと半年で3kg減っていました。

更年期でも痩せた!半年で3kg痩せた方法

ここ数年体重が増え過ぎて悩んでいたのに
気づいたら3kg減っていたので
その方法をお伝えいたします。

更年期で体重増で悩んでる方のご参考になれば幸いです。

なぜ痩せたのか 考察してみました。

実は自分でも何もしていないというか

いや・・してることはあるのだけど
どれが痩せた原因なのかは謎です。

半年の間やってたこと

ダイエットをやめた

いや、痩せたいと言いながらなんだよそれ・・なんですけど
ダイエットというようなことを半年前は取り組んでいました。

プロテインを飲んでみたり
16時間にご飯を収めてみたり・・

でも何しても痩せなかったので
なんだか面倒くさくなってどうでもいいや~とここ半年は
意識しなくなっていました。

ダイエットすると逆に太る・・これ心理をついてるかも。

みんちゃれ(1分)を続けている

みんちゃれというのは継続がなかなかできない自分が
取り組むために取り入れたアプリなんです。

無料で1グループ入れちゃうので
わたしは3箇所くらいジプシーした後に今のグループに入っています。

例えば「今日はこれをやりました」と画像をUPするのみ。
画像も自分じゃなくても足元だけとか
今日やった運動の動画とか。

毎日「みんちゃれの時間です」って教えてくれるので
朝にサラッとやっています。

わたしのやってるのは1分位しかかからない運動笑

やらないよりはいいという程度なのですが
継続は力なりで。

大体3日坊主のわたしが3クール目に入ります(90日チャレンジ3回目)

これがちょうど半年。
まさかこれで痩せてるとは到底思えない運動量ですよね(1分よ)

ただ、グループの人がやってる姿も励みになるし
お互いに声を掛け合ったりするのも
楽しみの一つです。

孫に夕食を食べさせるために自分のご飯を早めに済ます

わたしてきにはこれが1番の有力な原因かなと。

3ヶ月前から孫2人に夕食をわたしが食べさせているのですが
その後に食べるとなると遅くなってしまうので
その前になるべく早めに夕食を済ませるようになったんです。

大体16:00から17:30くらいの間には食べてしまっています。

これじゃないかな??

それに実は今年くらいから遅めにご飯を食べたり
お菓子を食べると寝てるときに胃が痛くて起きるようになったの。

だからなるべく早い時間に食べたいと思ってる。
遅くなったときには量を減らしています。

以上が痩せた原因かも?

パンを食べなくなった

そういえば前までは 朝パンを食べることが多かったのですが
最近パンを食べたいと思わなくなって食べても1ヶ月に1度くらいかな。

もしかしてこれ?

朝食を遅めに食べる

前は家事の流れで6時半くらいまでは終えてたのですが
夕飯が早いほどいいなら
朝食は遅いほどいいかも?と勝手に思って
7時過ぎてから朝食を摂るようになりました。

まとめ 更年期でも痩せた!半年で3kg痩せた方法

意外とダイエットを意識せずに
体が欲してるからとなんとなく取り入れた習慣が
総じて結果的に良かったのかもしれません。

もし更年期に痩せない!
と思ってる方がいれば やって見る価値はあるかも。

ことりんご

半年前は
「更年期・ダイエット」ばかり
検索してました(笑

まだまだ理想の体重にはほど遠いのですが
知らず知らず半年で3kgって結構理想的じゃないでしょうか?

この調子であと4kg痩せないかなぁ。(そんなに?)

体重計はタニタを使っています。

味噌汁を具だくさんで飲んでいます。

味噌が美味しいのも大事ですよね♪ふるさと納税にもおすすめ!

どうしても痩せたい人にはこちら。美味しくて続きます♡
初めて置き換えで6kg痩せました!(リバウンドに気をつけて)

参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


50歳代ランキング

このブログの新着記事をお届けします。
登録お願い致します❤

50歳から、ゆるはぴ~ミニマリストライフ~ - にほんブログ村

ABOUT ME
ことりんご
少しのお金で豊かに暮らしませんか。 HSP気質で毒親育ちでも、ミニマリストな生活に出会って 幸せ感が満載になりました。 じぶんらしくハッピーに生きるための情報や50代のミニマリストな生活などを発信しています。