WORK

40代の転職は辞める前に決めておく。無職になってからでは雲泥の差が!

ことりんご
ことりんご
会社にもう行きたくない。いまの環境が耐えられない・・・

そんな時にひとは転職を考えはじめますよね。

 

行きたくないと思いだしたら、
なかなか逆側に考え直すということができないものですが、

少し待って下さい!!

 

感情的に行動してしまったら損になってしまう場合があるのです

 

40代の転職は辞める前に決めておく。無職になってからでは雲泥の差が!

 

 

 

 

 

 

40代の転職は現役中に決めておきたいワケ

特に面接時にその違いが出ます。

面接官
面接官
どうして辞めた(い)のですか?

これは必ず聞かれます。

それに対して、しっかりと考えをまとめておくのは当然ですが、
今やっている仕事内容を詳しく具体的に話すことができるのも、現役だからこそ

また仕事に就いているというだけで心にも金銭的にも余裕があります。
面接官も「この人はいま働いてるひと」と認識した上で見ています。

これが無職になった場合にはかなり変わってきます。

面接官
面接官
いま、無職か。。。現状役に立つのかしら?

面接官にそのような気持ちが沸くのが普通かもしれません。

 

これは本人も同じでブランクが空くほど自信はなくなっていくはずです。

辞めた翌日から責任感が無くなり、
一体どういう業務をどこまでしていたのか説明も日に日におぼろげになっていきます。
特に40代からは記憶力も若いときほど優れてはいません。

仕事がないと、どんどん焦りが出てきて、
落ちるたびに選ぶどころではなくなっていきます。

どこでもいいから早く働かなくては!という焦りが出て
いい結果を出せなくもなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また 現職がある人は緊張感を持っています

これは辞めた後では自分から醸し出すことはできません。

 

現在働いている人=即戦力がある人と言っても過言ではありません。

背景の違いで40代からは特に「現役」「無職」の見た目もずいぶんと違うのです。
この現役感は転職時に、かなりの強みになります。

なので転職活動は ぜったいに現役のまま勧めたほうがいいのです

 

勤務しながらの求職活動はどうする?

勤務しながらの就職活動は
なかなか休めない、時間がとれない
ということも悩みですよね。

しかしネットでも仕事は探せますし、
時間内にハローワークの紹介状を取りに行くのが敵わない場合は(ハローワークの求人の場合)相手企業に電話をしてみることもできます。

 

わたしは現職中は以下のように活動しました。(会社バレしたくない場合)

  • 家でネット検索して気になる会社をチェックしておく
  • お昼時間に会社の駐車場の車の中で電話をして
    会社が終わってからの夕方のアポイントメントをとる
    (スーツではないことを先に告げる・なかなか時間がとれないが、どうにか面接を受けたい旨を告げる。)**現職がありながらハローワークを通さずに面接にこぎつける方法**

その後念願かなって入社しました。
熱意は絶対に伝わるものです

会社側は人物を見ているので、
手段はどうあれ「1番いいと思った人」を採用するのです。

また、「この日の◯時じゃないとダメ」というような
融通の効かない会社の場合は 入ってからも融通がきかないと思います。

ことりんご
ことりんご
逆に縁がなかったと喜びましょう。

 

以上のように

転職時に 現在の仕事を手放してから動くというのは非常にもったいないのです。
可能であれば ぜひ、在職中に求職活動を進めて下さいね

 

《あわせて読みたい記事》

働きながら転職活動するのは大変すぎる?成功させる7つの秘訣とは | セカンドゴング (2ndgong.jp)

ではでは。ご参考になれば幸いです。

 

 

▼面接時のファッションもチェック▼
骨格診断3タイプ 
50代からのファッション

参加しています。
お手数ですがポチッと応援お願いします♡

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ 

*♡更新情報のチェックやコメントはここで♡*
ツィッター

ABOUT ME
ことりんご
少しのお金で豊かに暮らしませんか。 HSP気質で毒親育ちでも、ミニマリストな生活に出会って 幸せ感が満載になりました。 じぶんらしくハッピーに生きるための情報や50代のミニマリストな生活などを発信しています。