50歳から、ゆるはぴ!

ミニマリストライフで低収入でも豊かに暮らすを実践中です。

「じぶんの葬式は家族葬を希望する」と50代の娘が80代の父から言われました。

スポンサーリンク
 あとで読む

82歳の父。いつあの世へ旅立ってもおかしくない年齢です。
毎日腹筋や散歩も欠かさず、家族の中の誰よりも元気な父ですが 「じぶんの葬式」について今朝じぶんから語りました。

聞きにくい話だけに自ら考えてくれてるのは助かります。

「じぶんの葬式は家族葬を希望する」と50代の娘が80代の父から言われました。

じぶんの葬式について



家族葬でという真意とは

近所で最近そういう式にされた方がいて それがいいと思ったんだそう。
式を終えてから新聞に載るので 新聞で知った方はお宅訪問という形になります。

その方は近所付き合いがほぼ誰ともされて無かった方だったのです。
我が家とは違うなぁ。
父はご近所付き合いもしっかりしてるし逆に大変そう。

主人に話すと「うちはちゃんと式を挙げたほうが良さそう」と言いました。
親の付き合いなどにもよりますね。

家族葬になるとお金が逆にかかる場合もあります。
よくよく父に聞いたら「あんたたちに(娘家族)負担はかけたくない」が真意だったみたい・・

「じゃ、普通葬で1番下のランクが望みでってことですか?」と聞くと「わからんけど
任せる」って。。。


「あのねぇ・・結局そのニュアンスだったら家族としては多分大体の人が「中ランク」を選ぶと思うよ。はっきり1番下でいいと言ってくれたらそうするよ」と伝えたら
「そうしてほしい」という話でした。

これはしっかり本人が言ったのでそうしようと思っています。 悩まなくてもいいのが助かりますね。

 父から見せてもらった用紙に書かれてたこと

 父の出してきたA4用紙には

★葬儀社
★寺院
★連絡する親族の名前
★生命保険

以上がパソコンで打ってありました。さすが元気で賢いじじいです。 
最近終活番組が多い中、アサイチでも観たのかな?

とても助かります。 

 追加で要望を伝えました

★遺影を撮っておいて
★連絡先は電話番号も入れておいて

なんて追加で要望を言うと「あんまり慌てるな」と言われました^^;

だって・・・本人が言いだしたときくらいしか話せないですよね。 

こうなったら逆に「花輪は誰に出してもらう」とかも詳しく聞きたいところです。
七日は誰を呼ぶか等も気になるところ。
意外と考えること多いですよね。

▼ちなみに私自身はこちらに書いています▼

生命保険の話

死亡保険が300万円おりてくるそうです。
これを聞くとなんだか急に現実的に感じました。

300万円・・・お墓を建立して葬式を挙げるにはなんとかなりそうです。
(墓の土地だけはあるので)

www.ishichou.co.jp

サイトを訪問したら 墓石って高いんですねぇ・・・ひぇ~~~300万円では足りなさそう・・

やばい、これはどんなお墓がいいかも父に聞いておかなければ・・・
あんまり安いものもねぇと言われると悩みそうです(自分も入るのだし)

 まとめ

父の「自分の葬式」の話が出てびっくりしたが そろそろ本気で考えておかねばなぁと思いました。
あとどのくらい一緒に過ごせるのかなぁと思うと口うるさいじじいでも愛しく思う娘なのでした。
皆さんのおうちでは そういう話出たことありますか? 

ではでは今日も健やかで晴れやかな1日をお過ごしくださいね。

▽参考にしています▽
個人資産、資産運用、資金運用

◇家計簿*お金事情*◇

貯金、貯蓄、家計、お金に関すること

初心者のための、マネー入門!

参加しています。
こちらからこのブログの順位がわかります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ