50歳から、ゆるはぴ!

脱力系ミニマリスト。自分に甘くゆるくハッピーに♪

16年前の私は『非社交的』なことと『子育てと仕事の両立』にとても悩んでいました。

スポンサーリンク
 あとで読む

 

 

断捨離を進めていってわかったことがあります。

 

今の私は比較的社交的だと思ってたんですけれど
平成14年4月の私は社交的ではないっていうことで悩んでいたことがわかりました。

 

 

 

過去のわたしはとても悩んでいた

 

f:id:kotorin6:20180127080415j:plain

自分のルーツを紐解く

子ども時代は本当に人見知りだったけど大人になってからはそうではなかったような気がしてて少し驚きました。

平成14年4月私は何をしてたのでしょうか 今から16年前のことです。

人生の中でも一番悩んでたときです。

子育てとフルタイムの仕事に板挟みだった時の こと。

 

16年前のわたし

ある会社で正社員をしていました。
思い出したのはある場面。
当時の私は「できない」ということも嫌だし
「知らない」っていうことも言えない人でした。 

経験がないのに恥をかきたくない、プライドの高い人間でした。

今思えばもう恥ずかしくて穴があったら入りたいです。
もし今の私があの頃の私に声をかけるとしたら、
分からないことは聞けばいいんだよって言いたいです。

 

悩んでいた子育てと仕事の両立

悩んでたっていうことは35歳ではまだ社交的ではなかったんでしょうね。 

その後色々あって悩んでその会社を辞めることになったんですよね。
正社員で働くことしか知らなくって その後アルバイトとかパートで働くようになってかなり苦労しました。 

パートは今までよりも責任感はそこまで持たせていただけなくて
私もっとできるのにとイライラしたり、
馬鹿にされてるように感じたり。

短い時間でしっかり仕上げなくちゃいけないのに、時給も安い。
そのジレンマになかなか折り合えない自分がいました。

多分その時の私は自分が正社員を諦めたっていうことを認めたくなかったんだと思います。 
子育てもしたいのにお金も欲しくて・・でもワンオペ育児家事で
両親からは協力もされずにダメ出しばかりされて本当につらかった。

伝えたい あの頃のわたしに。

今から思うと自分だけで家事や育児をするのにも限界があって、
そして仕事も続けられなかった自分もずっと責めてたけど。。。 
もしその時の自分に言えることがあったなら  言いたい。

働き続けたいのなら課長さんに提示されたパートになりなさい。
なにより大事なのは今しかない子供との時間。取り戻せないよ。
もしも私に働き続けさせたいのなら母親に協力を頼むこと。
協力しないなら文句を言わないことを約束させること。
 

本当に戻れるとしたらあの時。
あの時に。戻ったら絶対にそう言うんだ。
そしてすぐにアダルトチルドレンを回復させる!  

 

www.koto6.com

 

話は戻りますが そうして短期間の仕事をその後は結構絶えなく続けてきました。
正社員に戻ると思っていましたから「とりあえず」と短期間の仕事を複数しました。 

社交的になったのは一体いつ?

いろんな職場に行って自分を対応させたからこそ今の自分がいます。
恐ろしく適応能力が発達した自分はそこから出来上がったんだと思います。 

いいことばかりではないけれど悪い事ばかりでもないなと思います。
だってかつてそれは自分の望んだ姿だったから。


子供時代の私は本当に人見知りで家族以外とは喋れないくらいでした。
学校へ行っても誰とも話さず帰宅。
まず男の子とは一言も口をきかないような小学生でした。 

ずっとずっと誰とでも仲良く話せる自分になりたいと憧れていました。
そして憧れ続けてきたから今の私がいるんだと思います。 

coconala.com

 

 

まとめ

f:id:kotorin6:20180127080555j:plain

憧れの人物に なれるように努力することは大事。
そしてそれを実践できるのも自分しかいませんね。
未来を変えれるのはわたしだけ。

そして今、もしも悩んでいてもそれは一生続くものでは無いということ。
「解決策が無い」と思ったらいろんな人に相談すること。
(特に現代はSNSが発達してるのでいいアイディアが聞ける)

過去の自分を振り返って教えられました。
あなたは16年前、どんなことで悩んでいましたか? 

 

ではでは。今日も心躍る一日になりますように。

 

▼参考にしています▼トラコミュ(ブログ村テーマ) 
 50代を考え暮らす
50代からのファッション

プアラフィフの日常

☆** 40代50代のママブログ **☆

参加しています。
昨日は17名の方がクリックしてくださり、嬉しかったです!
大変お手数ですが押して下さったら嬉しいです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ