エンタメ

「こもりびと」を観て張り裂けそうな気持ちになった。毒親卒業生の私。

NHKのプレミアムドラマを観ました。

ひきこもりのリアルが感じられて 胸が締め付けられました。

 

「こもりびと」を観て張り裂けそうな気持ちになった。毒親卒業生の私。

NHKスペシャル班の膨大な取材の蓄積をもとに、『ひきこもり』当事者の声をドラマで描く

10年以上に渡ってひきこもり生活を送る倉田雅夫(松山ケンイチ)。重いストレスを抱え働けなくなったことがきっかけだった。厳格な父・一夫(武田鉄矢)は元教師。地元でも尊敬を集める存在だが、雅夫の存在を世間から隠し、立ち直らせることも諦めていた。しかし、自らの余命宣告を機に、最後にもう一度息子と向き合うことに。一方の雅夫は、閉ざされた部屋の中で人知れず、ひきこもりから抜け出す道を必死で探っていたー。

作:羽原大介 音楽:上野耕路 挿入歌:ザ・ブルーハーツ

出演:松山ケンイチ / 北香那 迫田孝也 根岸季衣 / 武田鉄矢 ほか

 

ひとごとだと思っていたけど
わたしの人生で似たことは何度もあった と思い出しました。

雅夫の言葉が心に響きます。

誰も社会を疑わない。働くのは当たり前。頑張るのは当たり前

効率ばかり求めて 優しさがなくなったこの国で 俺たちの居場所って
どこにあるんだろうね?

毎日 夏休みの宿題が終わらないで 焦ってる8月31日。
このままじゃいけないってわかってる
頭じゃわかってるんだけど 体が動かない・・・

 

 

毒親側は「自分が間違ってる」とは1mmも思わない

わたしの親はいわゆる毒親。
典型的な昭和初期の両親です。
主人公の父親と考え方も似ています。

多分親たち自身が「厳しく」育てられてきたんだと思うけど
それを子供に押し付けるのは やめていただきたいですよね。

子供に完ぺきを求める親の元に生まれてしまった子供は
挫折したときに身内に味方がいなくなり、立ち直るのが遅れてしまう

 

わたしがいわゆる「世間体のいい、聞こえのいい仕事」を辞めた時
両親は毎日わたしを責めました。
辞めたいと言ったときにも相談には 決してのってくれず、
心のうちを聞いてもくれなかった。

自分たちの望むレールから外れたわたしは 「生きてても価値のないおちこぼれ」
扱い。
武田鉄矢演じる父親が重なります。

 

でもこのドラマでは父親が自分の死を目前に やっと「間違っていたのは自分だった」と
気づいたから 主人公はどんどん変わっていけると思います。

そして 親自身が気づくのは本当にラッキーな例だと思います。

 

5080問題と言われてますが、80代の親が気づくことは皆無に近いし
変われる確率も少ないでしょう。

当事者は引き込もれる部屋があるだけ 恵まれてるのかもしれません。

 

親が変わらない場合は自分が変わり、時間をかけて親を育てていく

対して彼ら(私の両親)は全く変わらなかったです。

「あなたの人生のどん底を教えてください」50代『人生のどん底』を語ってみる「街録」を観て わたしも街頭インタビューを受けた体で答えてみました。 「あなたの人生のどん底を教えてください」  www4....

 

でも、、、わたしは時間をかけて 自分に入ってる毒を抜きました。

 

勉強して本を読み漁って
「わたしが間違っていたわけじゃなかった」と気づくことが大事。

 

時には親を子供のように育てていく。
これができたら また前進です。
ここまでいくのは かなり至難の業ですが。

 

がちがちに頭が固められてる 彼らを変えるのは本当に難しいから。

 

本当は「ひきこもる」前に親側の理解があれば1番なのですが。
そしたら中年まで引きこもったり、親に殺されたり、あるいは親子で殺し合ったり
しなくて済むのに。

生きてるだけでいい

究極、生きてくれてるだけで 親は嬉しい。
だって産まれて来るときには

無事で産まれてくれさえすればいい」と願うのですから。

 

それを忘れて「もっといい学校へ行って欲しい」とか
「誰とでも仲良くしてほしい」とか
「もっといい会社へ行って欲しい」など 親のエゴを押し付けて。

親は忘れたらアカンね。初心を。

 

神経ヨワヨワでもなんとか生きていこうよ

甥は不登校。
結構心配だけど・・・
妹(母親)が理解して 見守ってるようなので 傍観しています。

遊びに来たときには話しかけるし 学校のことは聞かない。
遊びに来てくれるだけ大丈夫なのだと思えるし。

 

早めに復帰できたら 回復も早いのだと思うのですが。
甘いのか厳しすぎるのか 何が正解か なんてこともわからないけど

どうか 「生きてるだけで価値がある」と思っていて欲しい。
そして何でもいいから 「当たり前」の人生じゃなくてもいいから
少しだけでもいいから 外に出てほしいなと思うのです。

太陽の光に当たる、散歩をする、・・・それからでいい。

 

収拾のつかない文章になっちゃいました。

 

とにかくいろいろ考えさせれたドラマでした。
マツケンの演技力に惹き込まれます❤

 

けっきょく私がパートを選んだ訳とは。 コロナ時代の働き方と在宅ワーク
けっきょく私がパートを選んだ訳とは。コロナ時代の働き方と在宅ワークここ数年 しばらく専業主婦でありながら、ありがたいことに在宅ワークでどうにかこうにか(たまに臨時アルバイトもして)お小遣いくらいは稼いで...

 

ことりんご
ことりんご
よかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ 
ABOUT ME
アバター
ことりんご
ミニマリストな生活で自由時間を増やして豊かに暮らしませんか。 毒親からの回復& 50代の生活を主に発信しています。