エンタメ

#毒親 誰でも虐待は隣り合わせかもしれない「坂の途中の家」を観て

先日レンタルしたDVD「坂の下の家」のレビューです。

 

「坂の下の家」お母さんになった人に共感できるドラマ

あらすじ

刑事裁判の補充裁判員になった里沙子は、子どもを殺した母親をめぐる証言にふれるうち、いつしか彼女の境遇にみずからを重ねていくのだった―。社会を震撼させた乳幼児の虐待死事件と“家族”であることの心と闇に迫る心理サスペンス。

原作が角田光代だったことは「中」を観てから気づいた。
やっぱ角田さんだなぁ・・・

これ、子育てをした女性にしかわからない話かもしれない。

 

結婚したら女性に1度に押し寄せる数々の負担

 

小さい子がいる
働いている
専業主婦である
ベビ待ちである

どんな既婚女性でも 必ず多かれ少なかれ思うことの積み重ね

そして

  • 実の母親とのうまくいきなさ
  • 自分の親世代の人との考え方のギャップ
  • 旦那さんの心無いひとこと
毒親
毒親
母親なんだからできて当たり前でしょ

なども心にず~んとくる。

 

わたしもそうだった・・・と思い出すことも多々有り・・・
胸の痛みを感じずには いられません。

 

「あなたの人生のどん底を教えてください」50代『人生のどん底』を語ってみる「街録」を観て わたしも街頭インタビューを受けた体で答えてみました。 「あなたの人生のどん底を教えてください」  www4....

 

 

彼女はわたしかもしれない

一番信じて欲しい旦那さんから疑われたら
そして浮気?他の女性にそれを相談してるのを知ってしまったら?

「普通」ならできるでしょ

 

その言葉が1番怖いと 劇中で言っていました。

劇中の言葉
劇中の言葉

弱い若い女の子と赤ちゃんの組み合わせは最悪なんだって

 

これ、ほんとにそう。
だって昨日まで女の子だった人間が 子供を生んだ日から急に
お母さんを求められる。
しかもほぼ1人ですよね、お母さんは責任が重大で 生活がガラッと変わる。

旦那さんは少し引いてそれを眺めてる・・という言葉がピッタリですよね。
生活もそう変わらないし。
だから問題なんですよね。

責任重大な1つの仕事(子育て)を急に若い弱い娘がほぼワンオペで担うわけですから。

 

色々共感でした。

 

わたしもよく虐待もせずに、
自分が狂いもせずに、その修羅場を生き抜いてきたなぁって
振り返ったら思うから。

 

そう、彼女(被告)はわたしかもしれない・・・

 

とてもおもしろいのでおすすめです。
ただ、落ち込んでるときは観ないでって伝えておきます笑
入り込んでしまうから注意です。

連続ドラマW 坂の途中の家 DVD-BOX/DVD/TCED-4704

 

ちなみにこちらも観ました。

パラサイト 半地下の家族/DVD/VPBU-14033

 

 

こちらも考えさせられます。
少し奥深い映画を見たい気分の方に以上の2つのおすすめを紹介しました。

では。

 

【どっちが好き?】今更だけど「紙の月」TV版 VS 映画版、原田知世 VS 宮沢りえ を語る「紙の月」原作を読んだ後でNHKのドラマになり、 映画化されました。 紙の月 (ハルキ文庫) [ 角田光代 ...

 

ことりんご
ことりんご
よかったらポチッとお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ 
ABOUT ME
ことりんご
ことりんご
ミニマリストな生活で自由時間を増やして豊かに暮らしませんか。 & 50代の生活を主に発信しています。