書評「向日葵のある台所」秋川滝美【毒親系】な話にしくしく胸が痛む

先日読み終わった本をご紹介します。

向日葵のある台所は毒親本でした

そう、毒親系だと知って借りてきたのだけど
こちらまでしくしくさせられてしまうんです。

内容

折り合いの悪い母との生活で垣間見えた、一筋の光とは――。

森園麻有子(46歳)は、中学2年生の葵と二人暮らし。ある日、自分勝手な姉から、倒れた母を引き取って欲しいと電話があった。実家と折り合いが悪く、極力関わらないようにしてきたのに――。不安が募る中、疎遠な状態だった母親との生活が始まる。唯一の救いは、自分の味方である葵が、祖母の扱いが上手なこと。しかし、目をそらしたい現実はすぐそこにあって……。肉親だからこそ許せなかった過去に、麻有子は決着をつけられるのか

アマゾンより

わたしの感想

毒親を持つ身のわたしとしては 
後半の実母の姿はあまり無いのだろうと思います。

極論を言えば、この本自体をわたしの実母に読ませたい・・かも。

あちこちに出てくる主人公の気持ちは 痛いほどわかり、
しくしく傷みました。

ただ、もしかしたらこの時代にはこういう親が多かったのかもしれない・・と思いました。

子どもと自分の関係を見れば 子育てがどうだったのかわかる

誰かが誰かに甘えるのは、それが許されると信じているからだ

P277より

(毒親から回復したけど)いまだにわたしは
やはり母とゆっくりと話しをしたいと思うことは少なくて
余程、心に余裕があるときだけです。

甘えようとしたこともほぼなくて
避けたい一心でした。

でもわたしの息子たちは、結構わたしに甘えてくれている・・・

ことりんご

子育ては間違っていなかったのだなとホッとします。

それさえも「母を反面教師にしてきたから」と言うと
この話と重なるんですけどね。

まとめ 向日葵のある台所は毒親本でした

気になる方はぜひ、
読んでみてくださいね。

わたしは「秋川滝美」さん初読みでした。

おすすめ毒親本

【毒親育ち】自分のしたいことよりも親が納得する仕事を選んでいませんか?毒親育ちの50代ことりんごです。 会社をクビになって公園で暇をつぶす・・・よくドラマで観ましたよね?そんなことをするお父さんって本当に...

ではでは。

*♡こちらも応援して頂けたら嬉しいです♡*

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 

*♡更新情報のチェックやコメントはここで♡*

ツィッター

ブロトピ:ブログを更新しました!

 

ABOUT ME
ことりんご
少しのお金で豊かに暮らしませんか。 HSP気質で毒親育ちでも、ミニマリストな生活に出会って 幸せ感が満載になりました。 じぶんらしくハッピーに生きるための情報や50代のミニマリストな生活などを発信しています。