50歳から、ゆるはぴ ~ミニマリストライフ~

ミニマリストライフで低収入でも豊かに暮らすを実践中です。

2020年の年賀状はTOLOTがおすすめ! 価格も激安でめんどくさいが激減しました。

スポンサーリンク
 あとで読む

 2020年の年賀状用意されましたか?


我が家では毎年この時期だけ印刷機を稼働するので
毎回インクが乾いてて 慌てて購入→慣れない印刷機がうまく起動しない
の繰り返しに辟易していました。
(大抵ぶぁ~ぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!ってなってる)

 

そんな中、安くって超らくちんなTOLOTを発見!したのでレビューいたします。

 

 

 

 2020年の年賀状はTOLOTがおすすめ! 価格も激安でめんどくさいが激減しました。

2020年の年賀状はTOLOTがおすすめ! 価格も激安でめんどくさいが激減しました。



 

TOLOTと他のサービスの差

世の中に年賀状サービスはいっぱいあります。
どこも格安を謳っていますが「基本料金」が2000円以上かっかってしまうケースが多いです。
というかこれがないサービスって無いんじゃないか?と思うほど。

 

TOLOTは基本料金が無いんですよ。

TOLOTの年賀状の魅力はなんといっても価格。「基本料」「宛名印刷」「送料」すべて無料で、1セット30枚入り500円を実現しました。知らなきゃ損!年賀状にかかるコストを大幅に削減するチャンスです。
 

 

 

 

tolot.com

 

早期割引の期間で頼んで250円で作れました。
今でも送料込みで500円だから安すぎですよね。

 

印刷機を持たない
年賀状を出したい

以上をなるべくお金をかけずに叶えるのがTOLOTです。

高品質フォトブック・写真プリントサービス 250円〜 TOLOT 

TOLOT 注文の流れ

  1. デザインを選ぶ
  2. 写真を用意する
  3. 差出人を入力
  4. 宛先を入力
  5. 支払い方法や送付先を選ぶ

    以上です。
    わたしが年賀状で1番時間がかかるのは1のデザインと印刷。
    毎年デザインに時間をかけて そのうえ印刷にも手間がかかるのが面倒で面倒で。

 

 

 

宛先は今年20箇所のみなのですぐにTOLOTの様式へ入力。
宛先を空欄にしたものを10枚予備で作りました。

▼我が家は近年劇的に枚数を減らしました▼

www.koto6.com 

TOLOT 出来上がり(画像あり)

1週間程度でできあがりました。送料無料で送られてきます(すばらしい)

 

tolotすぐ届いた

相手先の住所・名前と差出人の住所・名前が入っています。

年賀状宛名

我が家のペットの写真を選びました。
はりねずみ君です。
ちなみに・・・はりねずみは、ねずみではなくモグラの仲間だそうです。アラ・・

2020年賀状

 

なかなか素敵な仕上がりに大満足です!
ここまで使った金額は250円のみ(早期予約のため)

 

 

ほか必要なこと・かかったお金まとめ

お年玉付切手を貼る

 

  

お年玉付き切手

TOLOTは私製はがきなので 送るには切手がいります。
1枚65円なので 20枚購入で1300円。

これは年賀状を購入しても同じ価格はかかりますよね。 

 

おまけ

おまけ

アクセントにダイソーでキラキラした年賀シールを1枚買って貼り付けました。
ワンポイントで可愛くなりました♥

 

 

2020年の年賀状に今回かかった費用
★TOLOTで30枚年賀状=250円(通常の半額)
★お年玉付き切手20枚*65円=1300円
★シール100円(ダイソー)
合計1650円
以上となりました。
 
今からでも十分間に合うので気になった方はチェックしてみてくださいね。
(通常価格は500円です)
友達に教えてあげると来年からこれにするーーって言っていました。
わたしもずっとお世話になろうと思いました。 
(毎年早めに頼むと半額だし)
 
ちなみに下記がクーポン券となってるのでよかったらお使いください。

*フォトブックをはじめとする全商品でご利用可能な110円引きクーポン

お友達紹介キャンペーンクーポン

クーポン番号 5962117880737039
( 有効期限:2019/11/29 )
 
義理の母の年賀状の宛名も毎年書いてるので こうなったらそれもTOLOTにしたいと思っています。(手書きが面倒~)
適当にお花の写真や無料の素材を使って作ってあげたいです。
ではでは。

▽こちらからこのブログの順位がわかります▽
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ 

おすすめの記事

こちらの記事もいかがですか?
【50代節約主婦】最近ずっとお金を使わずに欲しいものを買っています。 
「老後の運命は54歳で決まる!」を読んで焦っています。

このブログの記事を書いていることりんごの自己紹介です。
ブログ紹介とわたしについて