50歳から、ゆるはぴ ~ミニマリストライフ~

ミニマリストライフで低収入でも豊かに暮らすを実践中です。

朝、通勤途中で事故にでも遭わないかと願う。月曜日が来たらノイローゼに悩む【毒親そだち】

スポンサーリンク
 あとで読む

朝、通勤途中で「このまま事故に遭えば会社に行かなくて住むのに・・・!」と
思ったことのある方はいらしゃらないでしょうか?
わたしはまさにそういう時がありました。
結構長い期間でした。

その頃プチうつになった経験があります。
その時の日記が残っていましたので その時にどう日々過ごしてきたか

そして現在の自分があの頃のわたしに伝えれることを 現在うつ気味の方にも参考になればと 加筆しました。

 

 

 

 

朝、通勤途中で事故にでも遭わないかと願う。月曜日が来たらノイローゼに悩む(毒親育ち)

 

朝、通勤途中で事故にでも遭わないかと願う。月曜日が来たらノイローゼに悩む【毒親そだち】

 

 

毎朝、職場に行くのが憂鬱だったわたしの過去の日記

 

毎朝、職場に行くのが憂鬱。
誰か車をぶつけてくれないかな・・・。
そうしたら今日も明日もあさっても、しばらく
会社に行かなくて済むのに・・・。

そう思った事のある人はどれだけ
いるかなぁ??


でもね。今は考えないでいよう。
大好きな曲でも聴いて通勤しましょ♪

 

 

 通勤途中に聞いていた曲と考えていたこと

 バービーボーイズ 

 

う~~ん・・・なかなかヘビーです。

ノイローゼのコメディアンと自分を重ね合わせてたみたいです。

朝が嫌で嫌でたまらなかった。
特に朝になると決まって父親が「足りてないところ」を厳しく追求してきたんですよね。
毎朝大喧嘩して泣きそうになりながら バタバタして家を出るというのが日課でした。
朝から嫌な気分で仕事に向かうことが毎日だったのです。

そうかー今思えば母親だけじゃなくて父親も強度の毒親だったんだ・・・
これはキツイ!
 

ノイローゼ気味だった頃の生活

正社員で働き、家へ帰っても両親に奴隷のように働かされ命令され、子供と触れ合う時間はほとんどありませんでした。
あったとしても両親と同じ空間で私の心の休まる時間はありませんでした。

会社へ行くのが嫌だったというよりも 全く自分の時間がなくて
家事も山盛りで(両親に文句を言われないようにピリピリしてた)
子どもたちとも触れ合いたいのにどうしてそこまでして会社へ通わないといけないの??と。
とてもつらかった。限界でした。

 

そんな18年前のわたしへ贈る言葉

あなたは悪くない

忙しいのにあれもこれもできる人なんていない

そう言ってる親自信が完璧なのか考えてみて!

もう頑張らなくていいよ。

充分頑張ったから。
もう休んでいいよ。

好きにしていいよ。

親の言うことなんて聞かなくていいよ。

あのときのわたしや毒親育ちに悩む人に

思い出したら重苦しく辛い気持ちが襲ってきました。
あんな気持ちを抱えてわたしは事故も実際に起こさずに生きてきたんだな。

エライよ。すごくすごく頑張ったね。
昔の自分が目の前にいたらギュ~~っと抱きしめてあげたい。
可哀想過ぎる。

そして全然構ってあげられなかった子どもたちにも 大きな愛で声をかけてあげたい。

悪いのはあなたの母親と父親。
時代錯誤な考えでわたしを縛り上げ、嫁として奴隷のように扱い、わたしの心を苦しめた。

 

そうあなたは悩む必要も罪悪感も持たないくていいんです。

 

「会社へ行く時に事故に遭わないかと願う」なんてどう考えても異常です。
そう考えるようになったら「あ。わたしおかしい」と思って下さい。
生活を変える時が来ています!

毒親育ちではなくても「会社が辛い!もう限界!死にたい・・・」なんて考えるようになったら立ち止まってみて下さい。
あなたの命よりも会社が重要なんてこと絶対にないですから!!

 

現在いろんな毒親育ち本が出ているけれど
わたしが実際に秀逸だったなと感じるのはこちらです。
本の助けを借りてぜひ「毒親」から卒業して下さい。

 

毒になる親
参加しています良かったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ