50歳から、ゆるはぴ ~ミニマリストライフ~

ミニマリストライフで低収入でも豊かに暮らすを実践中です。

「就活家族」・・・やりたいことをする選択肢は私にはもう残っていないのだろうか

スポンサーリンク
 あとで読む

「就活家族」観ています。 

わたしと就活は人生で切っても切れないので本当に身につまされます。

 

 

 

 

 

50を過ぎての就活は絶対に辛いに決まってる

 

黒木瞳さん演じるお母さんも苦戦していますし
三浦友和さん演じるお父さんも大変そうですね。 

ほんまに旦那さんに日々感謝です。
彼がガンバってくれてるからこそ私たち家族が生活できてる。
本当に感謝~。 

 

わたしがもしも今就活を始めたら・・・

 

の話を書いてみます。
実際に今、岐路に立たされてるのですけど 

1.辞めるという選択肢
2.続けるという選択肢
3.今のところで希望を通すという選択肢
4.新しい所でお試ししながら少しづつ今のところに見切りを付けていくという選択肢
(並行してみてダメなら戻る) 

以上があるかな~と考えています。
多分その選択も1年以内に決断を迫られると思います。
そろそろ動くならを検討したいところです。 

だけどさ~・・・50オーバー。 

わたしにはやりたいことをする選択肢はもはや残っていないのだろうか・・・

 

いえ、誰かにそういわれたわけでもありません。
ただ、自分が新しいことを覚えるのが大変になってきたのを感じてるんですよ。
正直、責任の重いような仕事や頭を使う仕事は今後どうかな?と思っています。 

元々事務の仕事も好きなわけでもなくそういう専門学校を出ただけのこと。
思えば子供時代はモノを作るのが好きだった。
マイペースで殻に閉じこもっていたい・・・そんな子だった。

それを言うなら今の仕事も合っていない・・ 

50過ぎたら 好きを仕事にしたい

 

と思っていたけれど 生活の足しの為に働いてる私には そんな悠長なことは言ってられるのかな。 


かといって50過ぎてできることといえば 介護や掃除?
それしかないのでしょうか。 

どんな感じ?実録・50代の就職活動、公開します。需要がある業界は?

 前回面接を受けてみて清掃業なら まだまだ需要があるようでした。 

 年上の最近転職した友人はわたしに
「まだ選択肢があるよ 清掃業はまだ勿体ない」と言います。
腰痛もちなので わたしも合わないなぁと身体で感じていますが・・・ 

何ならできるんだろうわたし。
かといって夢のように 好きを仕事にできるような職種はこの田舎にはないのですけど(涙) 

それでは失礼いたします。