50歳から、ゆるはぴ!

ミニマリストライフで低収入でも豊かに暮らすを実践中です。

憧れの人は実はあなた自身!なんて本当ですか?【書評】

スポンサーリンク
 あとで読む

憧れの人、いますか?
遠くの人ではなく身近な人で考えてみて!

憧れの人は実はあなた自身!なんて本当ですか?【書評】

その人のすてきだと思うところが
実はあなたのステキすぎるところ!なんですって!! 

自分のことは自分では見えないから・・・

AさんとCさん、
あ~素敵!あのひととお友達になりたい!」と出会ってすぐに思ったものです。

Aさんは1匹狼でいつも1人でいるけどダンスがかっこよくて自分の世界で踊っています
そしてCさんは明るくて他人を照らすような人
屈託なく誰とでもお友達に慣れちゃう雰囲気を持つ人。

よく考えてみると・・・

私がよく周りから言われる言葉を考えてみると・・・

「ダンス上手ね~」
「〇ちゃんは誰とでもすぐに仲良くしてて顔広いね!」と非常によく言われます。

そうか・・・AちゃんもCちゃんも私の中に要素があったのか!

照れくさいような・・でも嬉しいですね。
自分の中の好きなところ、というところなのでしょう。気づかなかったけど!

嫌いなひとには じぶんの嫌いな部分を映している

逆に、嫌いな人や嫌いな部分がある人について「ああ。嫌だな~」って思う部分が自分にもあるよっていう話です。

わぉ・・・マジか。。。Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン
アレ
コレも・・・わたしの中にあるのね・・・( ;∀;) 

そんな「へぇ~そうなんだ」を教えてくれる心屋流 戦わないで生きていく店頭で速攻買っちゃいました。

f:id:kotorin6:20170622072354j:plain

 

「何もなくても(わたし)だから素晴らしい」
「想像以上の未来へ行くためのチケット」などネガティブに考えがちなわたしのような
タイプには元気が出て、よみごたえ満載の本ですよ! 

f:id:kotorin6:20170622072314j:plain