50歳から、ゆるはぴ!

ミニマリストライフで低収入でも豊かに暮らすを実践中です。

すこしの秘密。40代から始める嘘のススメ

スポンサーリンク
 あとで読む

最近、仕事に変化があり今までと違うセクションになったので気を遣います。
正社員が1人抜けた所をパートでフォローするのですから。
貧しい会社はやだね~
欠員補充してくれよ~。

プレミアムフライデー? はぁ?!

 すこしの秘密。40代から始める嘘のススメ

 

そして

他人に期待させるスキをあたえない。

f:id:kotorin6:20170225210412j:plain

「ことりんごさん、仕事量増やしてくれないかしら」と社員の方から言われ・・ 即答しました。 


「増やせません。無理です。」 

どうやらそういう話が出てるらしいです。
世間一般では(ことりんごさん、子供さんも大きくなったしもっと働きたいのでは?)
と思うようです。

そして昔のわたしなら「ありがたい。期待されてるんだわ」と感激したでしょう。  

ですが・・・わたしはこれまでの人生で今が1番ベストな働き方なのです。
ベストというか・・実はもっと減らしたい。
お金は欲しいけれど 職場の人間関係に翻弄されるのには疲れました。 


「うち、舅に少し手がかかるんです。もっと減らしたいんです。」
ピンピンしていますが 嘘も方便。  

www.koto6.com

じぶんを守るウソはついてもいい

他人を利用しようとする輩はいっぱいいて
私はそれを今までの人生で経験してるから 何でも正直に答えないようにする術を覚えました。 

趣味の場でも家族構成はハッキリとは明かしません。
そういう話を聞きたがる年配者はいるけれどろくなことが無いのです。

ズケズケと土足で心に入り込み、ヘタな説教をされたくないし
人にはそれぞれ事情があることを気づかず、自分の論理をかざす人もいっぱいいます。

 

なんたって肉親にさえ 色々隠してる事があります(毒親なので当然)
何でもオープンにできるのなら幸せだと思いますが
それは健全な関係だからこそできる事だと思います。 

旦那と子供たちには話すけど 両親にはわざわざ話さない。
必要以上は明かさない。 

嘘も方便~じぶんをまもるために

それは自分を守るための鎧というよりも 毛布かな。
守ってくれる毛布。  


ずっと毛布なしで寝て震えてたわたしに神様が与えてくれた暖かい毛布。  


皆さんも秘密というか 自分のためのウソ、ありますか?
こころを守るために 装備するのも生きる術ですよ。 

▼コチラの記事もどうぞ▼たまにはこういうところで弱音を吐くのもいいかも▼

アラフィフ毒親育ち【心屋仁之助】のオープンカウンセリング(無料)へ行った話