50歳から、ゆるはぴ ~ミニマリストライフ~

ミニマリストライフで低収入でも豊かに暮らすを実践中です。

【毒親育ち】のわたしが「母の呪縛をといてありえないほど幸福になる方法」を読んで言いたいこと

スポンサーリンク
 あとで読む

わたしは毒親育ちのアダルトチルドレンです。
そんなわたしが最近読んだ毒親関係本をご紹介します。 
いつもとは違う反対意見も書いています。 

 

   

【毒親育ち】のわたしが「母の呪縛をといてありえないほど幸福になる方法」を読んで言いたいこと

 

f:id:kotorin6:20190718172139j:plain

  

こんな本です。

作者のみずがきひろみさんの親は「いいお母さん」だけどわだかまりを持つし
許せないそうです。
そんなメンタルカウンセラーの方が書かれた著書です。

お母さんは女性にとってラスボス

過干渉には、ネグレクトと同じように暴力的な側面がある

過干渉って愛してるからではないと思うんですよね。
信じてないんだろうなとか 母の望む子供じゃないと気に入らないんだろうなと子供側からしたら思うんです。
でもきっと親に自信がないところから来てるのかもしれないなと思いました。

子供をなじる親ほど不安が強い

これはわかるようになりました。
母は70代になった今でもなお、なんていうか被害者意識が強いんです。
その性質もきっとおばあちゃんからそういうメッセージを受け取ってしまったのかなって今なら思います。
私にとって祖母はいいおばあちゃんだったけど母から見た祖母はもしかしたら「毒親」だったのかも・・・

あなたにダメ出しするのは「内なる母」だった。

母親が見て無くても自分を律したり罰したりしてる。
それは小さい頃に毒親だった母「まだ未熟な母」なのかもしれないなって思いました。 
(小さい頃だけではないとこが問題なのですが^^;)

【それ、イジメだから!】自己評価が低い人はせめて今日から自分を責めるのをやめてみよう。 

毒親育ちのわたしから物申す 

この本はある程度 毒親を憎んで離れてそして
70%以上回復してる人にはちょうどいいと思います。
BUTこれから毒親について学ぶ人には物足りないし
「は?何いってんのこの人」って思うかもしれません。

母を責めるなと書いていますが、責めないでいると回復できないと思います。
個人的には責める時期は必要なのではないかと思っています。
www.koto6.com

で、私自身の回復具合は現在どのくらいで今どう思ってる?

先日、こういう記事を書きました。

【毒親育ち】薄情かもしれないけれど 母の葬式では泣かないと思う

今は恨む気持ちもほぼ現れることもなく、どちらかというと
自分もやっと大人になり(50代にしてやっとかも)
そして自分が孫を持ってやっと「あれ?もしかして母はよくやってくれたのかも」という場面が出てきました。


勿論すごく嫌だったこともあるけれど 私自身が甘えすぎてたことにも気づく場面が増えてきました。親子共々こどもだったんです。

共依存でお互いに「やってくれて当たり前」に考えていたのでしょう。

最近、自分自身にも老いを感じてきて「そうかー 仕方ないよね」と気づくようにもなりました。
愛情が無かったわけではないのだな不器用な人なんだなと思うようになりました。

▼こちらは関連の人気記事です▼

www.koto6.com

 

f:id:kotorin6:20190718172542j:plain

きっと現在の私自身の回復率は85%以上だと思います。

拒絶した当初はどれだけ逃げてもしつこく追ってきた母でしたが(着信拒否もしました)勉強して自分で回復して数年経過しました。
私自身が変わったんだと思います。

そしてそのうち母との関係も変化してきました。
今は余程のことがない限り、穏やかな時間を過ごせています。
ここまで来るのに本当に大変でした。


それはこの本に書いてあるようなきれいごとや生易しいものではないとはっきり言えます。
カウンセラーでいろんな事例を知ってて患者さんとも寄り添われてるので
経験は多いのかもしれませんが、わたしは「う~ん・・本人が毒親育ちでないから
いまいちわかってないな」という気持ちにもなりました。

あとがき

今回は後期に読むのがおすすめの本でした。
母の呪縛をといてありえないほど幸福になる方法 “あの人”が原因の生きづらさを抱え続けますか?/みずがきひろみ【1000円以上送料無料】
ほぼ回復した方が読めば「うんうんそうだね」と客観的に思える内容になってると思います。

今からアダルトチルドレンに取り組む方にはこちらが絶対におすすめです。


実際にわたしが回復してきた本で良書です。
毒親育ちかも?って思ってる方にもぴったりです。 ではでは。 

▽参考にしています▽

読んだよ~の代わりにポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ 

 
このブログの記事を書いていることりんごの自己紹介です。
ブログ紹介とわたしについて