50歳から、ゆるはぴ ~ミニマリストライフ~

ミニマリストライフで低収入でも豊かに暮らすを実践中です。

【毒親育ち】青木さやかさんの「母に抱いた嫌悪感」に共感!・・・間に合ってよかった!!

スポンサーリンク
 あとで読む

青木さやかさんもACだったのですね。
婦人公論のヤフーニュースで知りました。

すごく共感したのでそのことを書きたいと思います。

 

 

  

【毒親育ち】青木さやかさんの「母に抱いた嫌悪感」に共感!・・・間に合ってよかった!!

【毒親育ち】青木さやかさんの「母に抱いた嫌悪感」に共感!・・・間に合ってよかった!!


 

青木さやかさんもACだった。共感できる話になんだかホッとした。

青木さやか「娘に触れる母に抱いた嫌悪感。最期にわだかまりを解消しようとして」(婦人公論.jp)

 

を読ませていただいて青木さやかさんに対する見方が変わりました。

あの攻撃的な態度はACだったからだったのか!!

腑に落ちました。
そういえば 他人から見たらああいう感じなのねACって・・^^; っていう代表のような方ですね。

 

厳格な両親に育った長女は不幸です。

しかも教育者だったのならなお大変だったろうことが予想できます。 

 

同じような人間が世の中にいることがわかっただけでも同じACには
本当にホッとするのです。

「親を悪く言うなんて」と口に出す人が普通に育った人の大半なのでなかなか
言葉にできませんから。

 

母に抱いた嫌悪感

さやかさんはお子さんを授かったら変わるわよという言葉にも
変わらなかったと書いてらっしゃいますが 私も同じでした。

子育てに容赦なく口出ししてくる母親がイヤでしょうがなかったし
さやかさんと同様、わたしも息子を母親に触らせたくない時期が長くありました。

妹が後になってから「子供を生んで親のありがたみがわかりました」なんてハガキを寄越したときには

自分だけ社会不適合者なのか・・・自分は冷たい人間なのか・・・とショックを受けたものです。

 

それも最近理由がはっきりしたんですけどね。
ムカつくーー

 

 

長女は親の犠牲になりやすい。
妹には怒らない穏やかな両親だったようだ(うそーうそでしょー!!)
 

▼関連記事▼
【毒親育ち】お母さんみたいな母親にはなりたくないのに・・・ わたしも優しいお母さんに抱っこされたかった。 

【毒親】「お母さん、私を自由にして!」母親の呪いを解く方法

でも 間に合った!!良かったですね。

  母が嫌がることにチャレンジしよう、と決めました。母への反発が30代の頃の原動力だったとも言えます。
わたしもまるっきりそうでした。
頭から決めつけられたらそうなるもんですよね。
 
さやかさんはご病気になられたお母さんの病室へ向かうたびに
自分のために」親を大事にするを課題にされてたそうです。

 

最後には普通の母と娘の他愛ない会話を交わせるまでに、関係を修復できたそうです。良かったです。
自分のことのように嬉しく読みました。

わたしも随分回復したものです。

だってねこのブログでも何度も毒を吐いたりしていますが
今はそう思わないくらいになってきました。
▼こういうことを書いていました▼

www.koto6.com

これが去年の7月なので半年前ですが
今は悲しむかもしれないって思っています。

どんどん回復していっています。
これが正常な関係ですよね。
とにかく気づいた側が変わるのが大事です。

 

つらい時期を思い出して苦しむこともあるけれど
今のわたしは完全に母を許しています。
母には感謝しています。

あんなに殺したかった母ですが 今はそうは思っていません。
これからも「毒親から開放される方法」などをUPしていきますので
気になる方はぜひチェックしてくださいね。 
 
近くに相談する場所がないわ、という方のために。
ココナラで相談を受け付けています。興味があれば気軽にメッセージ下さいね。

毒親育ち・アナタの回復に寄り添います 毒親育ちで人生を自分で歩いていないと感じているあなたへ

▽参考にしています▽

読んだよ~の代わりにポチッとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ 

こちらの記事もいかがですか?