あ行

垣谷美雨「うちの父が運転をやめません」を読んで考えさせられたこと

垣谷美雨、大好きな作家さんです。
大体いつもわたしにはドンピシャな話で今回も自分の親が高齢に差し掛かって
悩ましいので題名に釣られて借りました。
読んだのはこちらです。

うちの父が運転をやめません [ 垣谷 美雨 ]

垣谷美雨「うちの父が運転をやめません」はこんな本

なかなか面白かったので 内容や思ったことを少しシェアします。
いろいろ考えさせられました。

こんな本(表紙)です。

 

内容紹介

「また高齢ドライバーの事故かよ」。猪狩雅志はテレビニュースに目を向けた。そして気づく。「78歳っていえば…」。雅志の父親も同じ歳になるのだ。「うちの親父に限って」とは思うものの、妻の歩美と話しているうちに不安になってきた。それもあって夏に息子の息吹と帰省したとき、父親に運転をやめるよう説得を試みるが、あえなく不首尾に。通販の利用や都会暮らしのトライアル、様々な提案をするがいずれも失敗。そのうち、雅志自身も自分の将来が気になり出して…。果たして父は運転をやめるのか、雅志の出した答えとは?心温まる家族小説! —

アマゾンの紹介欄より抜粋

みどころ

雅志は都会で共働き夫婦。どちらも忙しく、小さい頃から1人息子の息吹を他人に預けて親子の時間もなかなか取れずに過ごしてきた。
最近暗い顔をしてる息吹とは溝ができて、育て方を誤ったのかと後悔する毎日。

そんな雅志の田舎の父親は高齢になり、危険な運転を続けているが、近くにお店などがないため運転免許を取り上げてしまうのも悩ましい。

ジレンマに苛まれながらも家族が幸せになる道を探していくという物語です。

 

感想や気になったポイント

生きていく上では仕方なくやらなくてはならないことってありますよね。
この小説では以下の2点が大きなポイント。

 

  • 本当は「息子と向き合う時間が欲しいのに、忙しくてとれないこと」
  • 本当は「父親に運転をさせたくないのに、日常生活が回らなかったり、自分がその分こまめに動けなかったりで仕方なく運転を黙認してること」

 

これらのジレンマがそのまま 私達読者にも訴えかけてきます。

 

わたしが特に衝撃を受けた言葉はこちらでした。

今までずっと将来のためと考えて、やりたいことを我慢して生きてきたんじゃ

っていうことなのです。

 

ことりんご
ことりんご
あれ?好きなことができる将来っていつ?

 

ここで少し我が家の場合を書いてみようと思います。

 

我が家に置き換えてみました。

高齢の父のこと

父はもう82歳。主人公のお父様の年齢よりもずっと高齢ですがまだ「わしは元気で運転もうまい」と自負しています。
ですが、やはり時折こすったような跡がついていたりします。
たまに「あんまり出歩かないほうが・・」と注意しますがどこ吹く風の父です。

現実問題、父を連れて父の行きたいところへ毎日付き合う気もありません。
とても面倒です。
また、アクティブな父から免許証を取り上げてしまったら きっと不健康になるのではという懸念もあります。

都会ならなんとかなりそうですが 地方では難しい現状があります。

 

息子に向き合う時間が欲しかった若い時

わたしも子どもたちが小さい頃から園や両親に預けていました。
仕事を正社員でしていたため。
それが当たり前だと思っていました。

ですが、家に帰っても全く自分の時間も子どもと向き合う時間も取れませんでした。
とうとう本当に辛くて仕事をパートへ変更しました。

自分の仕事人生で見ると反省だらけですが 子どもたちのことを考えると
良かったなと思います。(遅すぎたくらいでした)

働くママはこういうジレンマと戦いながら生きているんだと思います。

 

通信費や塾代、そして税金が非常に重い。
共働きでないと文化的生活は難しい。
高度成長時代に向かう時代のわたしたちの両親世代とは全く違いますよね。
専業主婦が当たり前でしたからね。

 

やりたいことは少しでも若いうちにやっておく

わたしのように50代になってくると若い時とは違って
「あれ、調子が悪いぞ」と言う日が増えていきます。
今が1番若いことも気づいてるので少しでも元気なうちにやりたいことは
先送りせずにやっていこうと思っています。

 

まとめ

以上のように自分に置き換えて読んでみるのもよし。
ちょっとノスタルジックになったりもしました。

気になった方はぜひ読んでみてね。
これから両親が年老いてく中で直面する問題だと思います。

参加しています。
ポチッと応援いただけると嬉しいです♡

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

書評・レビューランキング

ABOUT ME
ことりんご
ことりんご
自己啓発本が大好きな50代です。 読んだ本の感想などを綴っています。