読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプル。小さいけど楽しいくらし

これからは自分に甘くラクに生きて行こう。 そしてシンプルに。

わたしが自分磨き・自分探しを止めた理由。

人間関係 その他

スポンサーリンク

数年前まで私は やみくも自己啓発をしていました。

どうしてか?

それは満たされてなかったから



子供時代から現在に至るまで 

母親は私を肯定してはくれませんでした

それはそれは否定の嵐。

これは
絶対にやってはならない子供の育て方、なのだそうです。

74d7f5b6f9d4939b2b853a3dabea9f7a_s




子供は 自己肯定感・それだけで愛すべきもの、

と育てるのが正解。


そうでなければ 私のようにアラフォーになっても 

自己肯定感がつかめず、
自尊心を失った大人になり...

 

 


いつまでたっても

{何者かにならなくては 自分には価値が無い・幸せになれない}

と やみくもに資格取得したり、

習い事をしまくったりと



今の自分を愛せないのです。


 

 


どうして 変われたのか。

 

 




私が変われた理由は

こちらにも書いていますが 

 

 

 

 

何はともあれ

自分に悪影響を与える人から

物理的に離れることが1番です。

 



現在、自分を生きていないと感じてるあなたは 

是非ACかもしれないと疑ってみたらよいかと思います。


色んな書物が出ていますし


ネット検索してもいろんな助けてくれるサイトがあります。

 

私は西尾和美さんの本と出会い、

CDを取り寄せ、とにかく調べて

読んで聞いて・・・自分で取り組んで

回復してきました。

 

 

自分磨きも大事ですが

磨くことばかりに目が行き、

「何かにならなくては価値が無い」と

考えるようであれば

 

あなたはACかもしれません。

 

 

今のダメな自分のままで

「これがわたし」

 

と思えるようなら 幸せだと思います。

 

他人とついつい比べてしまうわたしたちですが

他人と比べるところは

相手の良い所だけではありませんか?

 

落ち着いて よ~く考えてみると

比べてる時には相手の悪い所を全く見ていないことに気付くはずです。

 

悪い所も含めて 相手に成り代わりたいと思いますか?

 

 

多分 それはないと思うのです。

それを考えた時、

自分の持ってるものも 悪くはないな、と

思えると思います。

 

ACの悪い所でもあるのですが

持ってる事のしあわせを思う

他人と比べるのではなくて過去の自分と比べる

ことが肯定感を高めてくれるのでは?

と思います。