読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプル。小さいけど楽しいくらし

これからは自分に甘くラクに生きて行こう。 そしてシンプルに。

2017年おめでとうございます。すでにキャパオーバー&わたしの真の願いとは

その他

スポンサーリンク

f:id:kotorin6:20170103133654j:plain

あけまして おめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

 

                              ことりんご

 

 

2017年 はじまっちゃいました。

今年は暖冬で過ごしやすくていいですね。

 

さてさて

 

 

わたしのキャパ狭くて小っちゃ~い事が

新年からまた露見しました。

 

 

 

というのは2日にお客様をお迎えするのに

お料理をせっせと昨夜から仕込んでいたのです。

f:id:kotorin6:20170102001612j:plain

 

やり慣れないことをすると・・・

 

 

 

f:id:kotorin6:20170102001622j:plain

煮物2種類とお雑煮・黒豆を・・・

今年は自分がメインで作って 

夜にお里へ新年のご挨拶へ行ったのですが 

 

f:id:kotorin6:20170102001922j:plain

途中で調子が悪くなり・・・

あ~疲れが出たんだなと。

(多分年末の大掃除と新年の料理)

 

 

やっぱキャパ小さいわ~

 

と再認識したのでした。

 

 

 

 

さて 来年はどうしたもんか・・・ 

早くも年末の大掃除と2018年の新年の心配をしてるわたし(笑)

 

 

大掃除はやはりまとめずやろうと決めます。

慌ててまとめてやるのはキャパが無い人間にとっては

かなりキツイ話。

 

 

 

自分のキャパを見極める

 

 

 

ところで

このキャパ。

自分の容量を知っておくというのは大事です。

 

 

キャパシティー【capacity】 の意味

 

1 収容能力。また、容量。
2 物事を受け入れる能力。受容力。

 

 

キャパが大きい・小さいの差はなんなんでしょうね。

 

 

わたしは30代、キャパオーバーするほど

何もかもを引き受けていました。

最後には爆弾が暴発して 築いてたものをなし崩しに。

 

 

これはキャパが大きかったわけではなく

小さいのに、他人からの助言や手伝いさえも

受け入れることができなかったせいでもあると思います。

 

 

今は小さいキャパで出来る範囲の事を

やっています。

ただ・・・今後は仕事の面で 大きく環境が

変化する時期に来ていて

私自身、不安でいっぱいです。

 

 

 

自分はどう生きていきたいのか?

 

 

この機会に考えてみたらいいのかもしれません。

 

朝から調子が悪く 寝込んでいたのですが

どうやら寝てばかりで なお不調になりました。

 

外出を少ししたらスッキリしました。

普段は休みの日には必ず運動をしているので

元気でいれるようです。

 

 

前もって自分が元気を保てるルーティンを

休みの日も組み込むことが元気を保つ秘訣

なのかもしれませんね。

 

 

家庭での人間関係にも疲れる正月

 

 

 

そして休みが長いと

家族とも密になるのでそれが疲れる1つの要因

であるとも思います。

 

 家族が揃って家にいるというのも特殊だし

姑・嫁の関係や実母との関係など・・色々あります。

 

 

 

 

 

 

 

わたしの本当の願いってなに?

 

 

 

先ほど少しだけ出かけて

「願いをかなえる手帳」なぞをパラパラ読みしたんですが

 

「わたしの願いって何?」

 

といつも自問自答するのですが結論は出ず、、

だけど今回は

 

啓示的に心にストンと降りてきたことがありました

 

 

 

 

 

 

・・・これからは 

他人や環境の変化に煩わされずに

生きていきたいな~

f:id:kotorin6:20170103081516j:plain

 

 

と思ったのです。

普段もそういうことを少なからず思ってはいたのですが

それが 「真の願い」とは

なかなか気づけず

 

「こんな怠けた心でいいのか?」

という常識的な気持ちが顔を出し

 

 

これは違う。単なるワガママ。逃げ。

だと認識していたように思います。 

 

 

でも・・・

今日はストンと腑に落ちた。

 

これは頑張るしかないぞ と。

正しい方向へ頑張る。

これはすごく大事。

 

 

 

 

 

今年もよろしくお願い致します。わたしからわたしへ。