読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプル。小さいけど楽しいくらし

これからは自分に甘くラクに生きて行こう。 そしてシンプルに。

50代の断捨離は少し俯瞰して考えよ。ミニマリストの後悔

ミニマリスト 節約

スポンサーリンク

こんにちは。

わたし、ミニマリストを志してはいますが

入ってくるものも多いため

断捨離がある程度で止まっています。

 

世間は今頃 大掃除でしょうか?

わたしは大掃除をする気もなく

今そういう気分でもないの

 

 

 

そうか・・・

掃除や断捨離をできる人って

順調に事が運んでる悩みの無い人なんだ・・

 

って気づきました。

 

f:id:kotorin6:20161223120518j:plain

 

 掃除をするって

健康な人でないとできませんよね。

そういう意味では わたし 今少し健康ではないのだと思います。

 

ベイマックスなら

「あなたの心とカラダを守ります。」

抱きしめてくれるでしょうか。

f:id:kotorin6:20161224133022j:plain

 

 

ところで・・・

先日、わたしは

「なんでも捨てちゃいかんな」と

気づきました。

 

 

 

 

というのは

 

 

普段毎日いつもと変わらない生活を過ごすものだと

人間は思っていますよね。

 

 

 

 

そう思って過ごしてるから

いる物も不要な物も明確になるのだけど

だけどそうじゃないこともある

 

 

しかも20代・30代・40代とも

ちょっと違うと思いました。

 

 

急に親戚の方や知り合いが亡くなる場合もありますよね。

50代ともなると そういう場面が増えます。

 

そうしたら

これ使わないな~という数年使用していない

カシミアのコート(黒)も捨てずに

出番があるかもしれない。

逆に寒空の下、これが無かったら

他に黒以外のダウン等を着るしかなく・・・

 

若い時はいいにしても

50代には不似合い だなぁと思うのです。

 

 

そして先日、断捨離を随分やったわたしに

ふりかかった1件がありました。

 

 

仕事も落ち着いてるし

もう就職活動もすることないだろうし

するときには もっとその時に合うスーツを新調すればいいし・・・と

 

 

使わない白のブラウスをオークションで売ってしまっていました。

それを元手に何か欲しい物を買ったように思います。

 

 

ですが・・・

急にまた就職活動をするかもしれない事態が起き、

求人票を見て 急に希望の仕事をみつけたら?

 

 

まさに先日、そういうことがあり

気づいたのは「説明会」の前日の夜でした。

 

 

集団説明会ということで

服装は自由だったので良かったのですが

後日に再度面接になりました。

 

わたしは少し迷いましたが口走っていました。

「スーツじゃなくても良いですか?」と。

 

面接官さんは優しく

いいよ いいよ と言って下さいました。

 

 

 

当日、自分の持ってるワードロープの中で

1番真面目そうなプレーンなニットと

パンツで向かった私。

 

 

本気度がかなり高い面接なら

ありえませんよね。

 

 

すごい反省してしまいました。

 

 

使っていなくても 気に入っていなくても

いざ、という時に 無かったら代用品が無く困る物

 

暫定的に保存 が正解だと思いました。

 

 

 

そうそう、年に1度あるかないかわからない出張

(2年に1度)の時も

スーツとトレンチと地味色トートバッグがあって

すごい助かりましたっけ・・・

 

 

 

 

 

 

滅多に使わないものを新調する方が無駄なので

 

そこはグ~っと我慢して

 

捨てないでおきましょう・・・     って思いました!