読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプル。小さいけど楽しいくらし

これからは自分に甘くラクに生きて行こう。 そしてシンプルに。

これからのパート主婦の働き方についてと家族の犠牲にならない働き方について①

節約 人間関係 その他

スポンサーリンク

おはようございます。

ぷちミニマーで兼業主婦のことりんごです。

 

とうとうこの10月から年収の壁が106万円に変更されますね。

社会保険の壁は今まで130万円でしたが

これが106万円になるらしいです。

 

 

 

社会保険を自分でかけたかった人には将来の年金が増えたり

ケガや病気で働けなかった場合も傷病手当が支給されたりと

良いこともあるらしいです。

自営業者の妻などは負担減になって良いらしいです。

 

 

 

この機会に働き方を考えてみるのも良い

という意見が多数ありますが

 

 

 

結局は女性ってこんな風に

ずっと制度に翻弄され、

家族にも合わせて働かなくてはならない

 

 

適応能力をずっと必要とされてるなぁと思いますね。

 

 

 

わたしの場合を振り返ってみました。

 

 

時代は昔なので

会社の入社時に

女性は子供ができたら辞めてね」と

初めから言われました。

 

 

独身時に入社してるので深くは考えずにいましたが

仕事も面白くなり、

結婚後も正社員として働きたいという欲が出てきました。

 

ですがやはり会社から

子供出産を機に肩たたきに

 

 

子育てを2年程度した後、保育園に子供を預けたので

短時間から働き始めました。

そしてしばらくして正社員へ転職

 

 

 

ですが家族の協力が全く得られず、

まだ手のかかる子供を抱えたままフルタイムの仕事になってしまい

ストレスの塊になってしまいました。

 

結局長くは続かず、パートや短期雇用に転向しました。

 

 

本当は正社員でずっと続けたかった。

だけど私には子供らと私の心の健康が大事でした。

 

 

思い起こせば、 

正社員の時には

パートや専業主婦って甘えてるなと感じていました。

その横で羨ましさもありました。

 

 

旦那さんに扶養され、社会保険も払わなくていいなんて

不公平すぎる・・とも思っていました。

 

 

 

今現在はパート主婦

 

 

正社員の人に対する思いは

キャパが大きい人」ですごいと思います。

ただただ尊敬。

環境もあるでしょうけど。

 

 

 

ですが私自身はもう家族をおろそかにするのも嫌だし

自分にはキャパが無いのもわかっているので

今はちょうどの働き方かなと思っています。

 

 

ただ、お金はもっと欲しいけどキャパが無いから

パートを真剣にしている私にとって

 

 

「専業主婦ってなんなの?」

 

パートと同じ扱いで社会保険料が免除されてるなんて

甘えすぎ・・・なんて

 

立場によって気持ちも変わるものです(笑)

 

 

 

少し前にはギリギリあと月1万円働きたいと

(扶養内でギリギリまで働きたいと思って)

思って 週1のバイトを受けてみましたが

自分に合う・合わないがこんなにあるんだという発見をしました。

 

今更トラウマを克服してまで1万円のために

ストレスを抱えることはないなぁと

すぐに断ってしまいました。

でもやってみて良かった。

できるかも?と思っていたけど

結局私にはできないということがわかったから。

 

 

なんか長くなってきましたので

今度続きを書こうと思います。②へ続きます。