50歳から、ゆるはぴ!

自分に甘くゆるくハッピーに♪

 

疲れた~食事を作るの面倒くさい~をなくすワザ

スポンサーリンク

 あとで読む

こんにちは。

プチミニマーのことりんごです。

毎日暑いですよね~

ムシムシ。。。

こんな日は少しでも台所に立ちたくないもの。

 

仕事を終え、帰宅後

いかに自分に調理をする気にさせるか?

これが毎日の課題です。

 私は あとの(帰宅後の)未来の自分の為に

こんな工夫をしています。

 

米を計っておく

f:id:kotorin6:20160712181202j:plain

 

 

計るだけなのですが

意外に面倒くさいもの。

米が入った入れ物が下にあるためも

あります。(これは改善の余地ありだなー)

 

前までは洗ってタイマーをかけていましたが

夏場は漬けた米がどう変化するのかちょっと怖くて

計量だけをしています。

 

 

BUTこれをするのとしないのでは大違い。

 

米入れから計って取り出す、という作業から

始めるのは結構大変。

未来の朝よりは疲れているであろう自分の事を

考えると やってあげよう、と思います。

 

 

そして

f:id:kotorin6:20160712181544j:plain

メニューを考える 

 

 

冷蔵庫の前のホワイトボードに

書き込むという作業。

 

 

帰宅後に考えていたのでは遅く、

やる気も出ません。

又、メニューを考えることによって

買い物にも役立ちます。

何が足りないのか考えてホワイトボードへ書き込みます。

 

それを写メして

買い物時に見て買い物をします。

 

そして・・・

 

f:id:kotorin6:20160712181719j:plain

食材をトレーにそろえておく

 

 

これもとっても大事。

帰宅後すぐにこのトレーを冷蔵庫から出して、

買い物してきたものと一緒に作り始めます。

 

 

 

私はこれで 帰宅後 手作りで

40分以内にお料理を作っています。

なかなか手早いでしょ?

 

 

間にこうやってブログをUPしたりしてるので

実質40分もしていないんじゃないでしょうか。

 

 

未来の自分の為に

朝、できることをしておく

 

 

 

夕飯を見越して準備をするのは

朝食を作るとき。

足りないかも?って思ったら

残り野菜をビニールにいれて

みりん・塩(うちは紅塩)やしょうがなどで

揉みこんで冷蔵庫へ。

 

帰宅後に取り出すとちょうどいい浅漬けに

なっています。

これを1品プラスして

楽をします。

 

 

 

良い夕飯が出来上がりますよ♪

 

できたら1汁3菜くらいは作りたいものですね。